<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 市長選 | main | 自然豊か? >>

つま先荷重 VS かかと荷重

昨日はお休みで朝から百沢スキー場へ。

前日降ったパウダースノーと良いお天気で最高のコンディションです。

2時間程度で帰る予定が、3時間ちょっと楽しみました。

昔のスキーは前傾姿勢しっかりとって、スネを曲げつま先(拇指球)荷重で

コントロールが当たり前でした。

今は板もカービングとなり、つま先荷重では逆にスキーが暴れ

かかと荷重が当たり前の時代になりました。

 

日頃スクワットを教えるときも膝が必要以上に前に出ないように

かかと側にも少しは体重がのるようにと言っています。

ただ、膝を楽に曲げるためにはつま先荷重にして膝をつま先より前に出し

ふくらはぎ+太もも後ろ+お尻を十分に働かせながら曲げたほうが

膝はかなり楽チンです。

それにともない太もも前面はあまり働かくなります。

(でも拇指球に荷重となるので内側広筋への荷重は得られる?)

 

体力の低下にともない、太もも前側の筋肉はやせ細りますので

効率よく太もも前側の筋肉をつけるためには

膝はあまり前に出さないようにした方が良いでしょう。

 

でも痛みは出ないほうが良いので、ちょっとでも膝に不安のある人は

膝を前に出した方が良いのかな…

 

トレーニングの常識も日々かわります。

1年前に良いと思っていたことが、真逆になることも多々あり…

精進します。

 

| permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする